もったいない話2

その日はテンションが下がっていました
。というのも前の日にいつもとは違う床
屋に行ってしまいました。
待ち人数が凄くて他のお店に行ったので
した。
そこで、変なカットにされてしまったん
です。
2センチくらいカットして下さいといっ
たのにだいぶ短く切られてしまいました
。思い出せば、周りの客もみんな同じカ
ットでした。そういうお店だったのです

しょうがないので生えてくるまで辛抱す
るしかありません。
そんな感じでモテ効果もくそも自信のか
けらもない心理状態で通勤の電車に揺ら
れていました。
その中ではひとりのおばさんと目が合い
ました。
この変な髪型が気になるのかなと思いま
したが。
良く分かりませんでした。
ただ、じろじろと見ていたのは事実です
。こっちも気になったんでおばさんのほ
うに目がいきましたが、正直どうでもよ
かったです。
電車が駅に着くと人が乗り込んできまし
た。
若い女の人が2,3人乗ってきました。
右のほうに25,6くらいに見える女性がいました。
ジーパンにチェックのシャツを着ていて
洗練されている女性でした。
(なんかいい感じだな)と思って見てい
ました。
すると、こちらの視線に気づいて彼女が
近寄ってきたんです。
それが面白いことにつま先を滑らせなが
ら距離を縮めてきたんです。そして僕の
まん前にきました。
なんか変な光景でしたね。
すいているので彼女が自分の前にいるの
が不自然な感じがしたんです。
彼女と目を合わせたいと思って顔を見て
いたのですが、こちらを見てはくれませ
んでした。
ただ吊革につかまりながら何回か体を接
近させてきました。
不自然です。
っていうかアプローチなのかもしれませ
ん。
そわそわして体を接近させてきました。
MHMのリュックが似合う素敵で魅力的
な女性でした。
声をかけてくれるのを待っている感じで
したが、僕の方はちょっと驚いてしまっ
て何もしませんでした。
ほどなくして自分が下りる駅に到着しま
した。
何もできずに下車したんですが、なにか
しら声をかけるなりすればよかったと後
悔しています。

なんでもいいから。どうせもう会えない
のですから。

あーもったいない。後悔しかありません
でした。